軽い気持ちの「アンチ」は危険

アンチ

「アンチ」「誹謗・中傷」で傷つく人がとても多く、社会でも問題になっています。
なぜなら、誹謗中傷で人が亡くなっているからです。

軽い気持ちで「アンチ」をすることはとても危険です。
された側からすると、数多くのアンチコメントを見るわけですから。
その結果、ライブ活動を辞める人もいます。
自殺に追い込まれる人もいます。

アンチをする人の目的

「かまってちゃん」のアンチ

アンチの中には、自分の承認欲求を満たそうとする「かまってちゃん」のアンチがいます。
Tiktokライブをしているろ、コメントが流れてくるのですが、
若い人がかまってほしいばっかりにアンチコメントをする人がいます。

そういう人は、素直に「構ってほしい」と言えたらいいのですが・・・。

おそらく、ネット上だけでなくリアルの人間関係の中でも自分の素直な気持ちがあるのに、歪んだ形で伝えているのではないでしょうか。その結果、周りの人とうまくいかないということがあるのではないかと思います。

若い時はそれでも許される部分はあるでしょう。
しかし、年齢が上がってそういう行動をするのは「痛い大人」と扱われてしまいます。
心当たりがある人は、素直な気持ちを伝えられるようになっていくことをお勧めします。

悪意をぶつけ、相手を潰そうとする

一方、とにかく悪意をぶつけてくるアンチががいます。
こういう人が本当に危険です。
表に出ている人をターゲットにその人をぶっ潰そうと画策しています。
匿名だったり、裏アカだったりするとかなり強気で煽ってきます。
また、相手が反論するすきを与えないほどまくしたて、正論みたいなことを言いまくります。
よく聞くと、支離滅裂なことを言ってるのですが・・・。

こういう人の攻撃性はかなり強いです。
「お前なんかいなくなれ」というようなメッセージ性を感じるほど悪意に満ちています。

アンチをしている人は、本来自分が感じるべき否定感や、劣等感、その他のストレスをゴミとして投げま食っています。それは、自分自身の問題と向き合い、自分自身が解決しない限り、どんなにアンチしても根本的に自分の心が楽になることはありません。

無視できないほど傷つく


Tiktokライブをしていると、「アンチコメントは無視すればいい」「アンチはされて当然」
みたいにアンチを擁護するようなコメントをする人もいます。
確かに無視できればそれでいいのかもしれません。
しかし、自分が多くの人が寄ってたかって集中攻撃だれたら無視できるでしょうか。
集中攻撃をされて傷つかない人はいません。

オンラインカウンセリング北九州

オンラインカウンセリング北九州では、いじめ、ハラスメント、ネット上で起こりやすい「アンチ」について徹底的に向き合ってきました。今、被害を受けている方、身の回りでいじめがおこっているけどどうしたらいいかわからない人、どんな困りことでも構いません。
もし、困っているのであればご相談ください。

お問い合わせ

白雪姫殺人事件 誹謗中傷

「白雪姫殺人事件」 湊かなえ
ネットでの誹謗中傷と根も葉もないうわさが出回り被害者が孤立します。
これは小説ですが、実際に怒り得ることです。