不登校とは

不登校とは、1年間に30日以上学校に行かない状態を言います。(病気による欠席は除く)
子供の場合、はっきりとした理由がわからないことがとても多いです。

現在、不登校が増えているといわれています。しかし、学校に行くことは決して「当たり前」ではありません。
また、「行きたくない」と思うことは決して悪いことでも弱さやずるさではありません。

不登校

子供が不登校になったとき親はどうしたらいい?

自分の子供が学校に行けなくなってしまったら、
どうしていいかわからず困ってしまう親御さんが多いのではないかと思います。

「学校に行きたくない」は子供からのSOS

不登校になったばかりの時は、なぜ学校に行きたくないのかわからないことが多いです。
そんな時、「なんで学校に行きたくないの?」と聞くことは無意味です。
それどころか、学校に行きたくないと思った自分を責める子供もいます。

「学校に行きたくない」と訴える時、子供は精神的にギリギリな状態で立っています。
それを無理に学校に行かせることは、子供の命の危険にさらすことになります。

「学校に行かなくていいよ」

子供に休んでいいことを許可してあげることで、子供は安心します。
学校をお休みし、心身をゆっくり休めさせてあげてください。

「不登校」になることは悪いことではない

不登校になることを社会的にはあまり良いことだととらえられていない印象を受けます。
それは、社会的に学校に行くことが当たり前という価値観があるからです。
しかし、学校での勉強は自宅にいてもできます。また、今はフリースクールなどもあります。
学校の在り方も多様化しています。今までの学校の在り方にこだわる必要はないと思います。
また、不登校だったけど大人になり自立している人はたくさんいます。

「不登校」は子供の弱さやずるさではない

「不登校」になることは、子供が弱いからとか、ずる休みをしているとかではありません。
子供は大人になる過程で「アイデンティティ」を確立させていきます。
自分と他者との違いに気が付いていきます。その気づきを学校という環境の中で上手に生活できる子供もいます。その一方でそうでない子供もいます。それは、その子供の個性なのです。強制的に集団の中で生活を送ることに違和感を感じるのです。また、現在の学校は昔に比べて自由度が低いように思えます。そんながんじがらめの環境を窮屈に感じる子供もいると思います。

「不登校」の親は自分を責めやすい

また、子供が不登校になったことで自分を責める親御さんもいらっしゃいます。子供が不登校になったからといって。親や家庭に問題があるわけではありません。
ただ、親御さんには、不登校になったお子さんを受け入れて寄り添ってほしいと思っています。学校に行けなくなった子供はとても不安です。また、親の笑顔が見たいため、無理して学校に行こうとすることももいます。

自分らしく生きていくサポートをします。

オンラインカウンセリング北九州では、不登校や進路に迷っている方のカウンセリングを行っています。はっきり言って学校に行かなくても人生何とかなります。ただ、学校に行かなくてもいいように人生を生きていかなければなりません。やりたいことや好きなことを見つけ、それをやっていく人生設計を子供のうちから立てておく必要があります。そのサポートをさせていただいています。