人間関係について悩む

「人間関係」
悩みの9割が人間関係についてだといわれています。

人は、社会生活を送るうえで様々な人間関係の中で生きています。
家族、同僚、友達、恋人、親戚等・・。
自分以外の人と関わるからこそ、悩むことが多いのではないでしょうか。

悩みの内容は人それぞれです。
ただ、何等かの我慢がストレスになっていることが多いです。

人間関係で我慢していることが多い?

「もう人と関わるの嫌だな」と思う原因の一つが「我慢」です。
人と関わるうえで、自分の意志ばかり尊重させることは難しいですよね。
かといって、自分ばかり折れているとストレスが溜まってしまいます。

自分のことばかり優先させるのではなく、また、自分ばかりが我慢するのではなくどこかで折り合いをつけながら関係を築かないとどこかでしわ寄せがきてしまいます。

人間関係で「嫌い」と思う気持ちがあっていい

次に、他者のことを「嫌だな」「嫌いだな」と思う気持ちについて。
これは、あって当然の気持ちです。
すべての人と相性が良いとは限りません。
また、理不尽な目にあった場合「嫌だ」と思うことは自然です。

そして、「クラスメイトだから」「仲間だから」「家族だから」などという枠組みの中で、本当は嫌だと思う相手を受け入れなくていいのです。
合わない人は合わないし、嫌いな人は嫌い。自分が受け入れたい人は自分で選んでいいし、誰を信頼するかも自分で選んでいいのです。

嫌いだなと思うことは悪いことではありません。
これは、自分の尊厳を守るために大切な気持ちです。

自分が感じた気持ちや感覚を信じてみてください。

人間関係の悩みは人それぞれ

人間関係についての悩みは人によって異なります。
関係そのものに問題がある場合もあります。
また、自分の思考・行動パターンで同じようなことで人間関係に躓くことなどもあります。
人間関係で悩んだとき、1人で考えて対処すると、いつもと同じやり方になると思います。
その耐え、信頼できる誰かに相談してみるのもいいでしょう。
また、カウンセリングで自分と向き合うことも人間関係を良くすることに効果的です。

いじめやハラスメントについて

また、いじめやハラスメントを受けて悩まれる方はこちらをご参照ください。
いじめやハラスメントについて➡