「盗撮」加害者の低年齢化を受けて

盗撮

盗撮が学校で起こっている番組を見て

昨日、NHKの「あさイチ」で取り上げられていたテーマは「盗撮」。
しかも、学校内での盗撮について。
現在、スマートフォンの普及もあり、盗撮加害者が低年齢化しているようです。詳細➡

番組内で、学校内で男子生徒による盗撮が複数回行われたが、
学校側が「受験」を理由に対応してくれなかったと・・・。
被害生徒の親御さんが嘆く場面もありました。
被害にあわれて生徒の方、親御さんは本当に心身が傷ついたと思います。
また、学校側の対応にも憤りを感じたと思います。

盗撮に対する罪の意識が低いのでは?

盗撮は犯罪です。
なのに、学校側は隠ぺい?
生徒に罪の意識がない。
また、学校もこれが犯罪だと認識していない。
つまり学校側も犯罪に加担していることになります。

大人都合で子供が成長しにくくなってない?

さて、こういった子供が軽く犯罪を犯してしまうことは、大人に責任があるのではないかと思います。
もちろん、すべての子供に分別がないとは思いません。

大人の都合で子供を取り巻く環境が窮屈にしてないか?

今、学校や子供を取り巻く環境はとても窮屈のようです。
やってはいけないこと、言ってはいけないことが多い。
もちろん、子供の安全を守るうえで適切なルールや規制は必要かと思います。
しかし、多くの大人が子供を「良い子」の枠に入れようとする傾向があるのではないかと思います。

「反抗期」を悪としてないか?

また、反抗期のない子供が増えてきているとのこと。
反抗期とは、今までの親や周りの大人の価値観に合わせることが窮屈に感じて反発します。
また、他者と自分の違いに気が付き、自我が確立している時期です。
そのため、どうしようもない感情にイライラしているのです。
要は、子供にとっては成長です。
でも、反抗期がないことを良いとする大人、反抗期を嫌がる大人が多い。
人は、「良い子」の枠でいるとストレスが溜まります。
どこかで感情を出すなり、ストレスを発散させない心身に支障をきたします。

子供の成長において優先順位がおかしくなってないかな?

反抗期がない子が増えていること
子供にとって規制される環境が増えていること
これらが子供の犯罪に関わっているかはわかりません。
しかし、ゆがんだ形でストレス発散をしているのかなと感じました。

また、学校側も犯罪を容認し、受験を優先させた。
生徒の人生にとって大切なことの優先順位が違うのではないかと感じ
落胆しました。

自立を促す心理カウンセリング

私は、若者を中心に自立を促すためのカウンセリングも行っています。
自立とは、経済的自立はもちろん、精神的な自立もです。
自分の感情は自分で適切に処理をする、心に負担をかけたら適切にケアをする。
もちろん、すぐにすべてのことが一人でできるようにはなりません。
でも、困ったときに何をすればいいのか、適切に選択できるようになってほしいと思っています。
また、社会の中で子供や若者がのびのびと成長できる環境を作っていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です