人を馬鹿にすることは簡単だけど

馬鹿にすること 学問ノススメ

人を馬鹿にするならその人がやっていることをやってみて

明治9年、福沢諭吉の「学問のすすめ」
私は、この本を読んだことがなかったので偉そうなことは言えないのですが、
この文章をみてすごく感動しました。
全くその通りだなと思いました。

人を馬鹿にするのは簡単です。
でも、馬鹿にする人たちは、人が見えないところでどんな努力をしているのか、
苦労を隠しているとか、見えない部分のことは全く想像していない。

やってもないのに馬鹿にするのはアンチ

自分がやったこともないことをやっている人のことを馬鹿にするのは
単なるアンチ。
やっている人は、自分で考え、勇気を出して一歩踏み出した人。
馬鹿にしている側の人は、何かをやろうと思って勇気を出すことはない。
やりたいことを見つけてやろうともしないアンチ。
やりたいことをやっていないから人を妬み、アンチする。

妬みに気が付いたらチャンス

でも、「妬んでる自分がいる」と自覚することでスタートラインに立てる。
勇気を出して一歩出るか、アンチをするか。
自分で決められる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です