石丸伸二氏についての記事を見て感じた違和感

石丸伸二氏について

石丸伸二氏についてこういう記事を見た
「胸糞悪すぎ」石丸伸二氏 選挙特番での元乃木坂・山崎を“フルボッコ”も違和感噴出

これは、東京都知事選のあとの番組でのやりとりについて書かれていました。
私は、前・安芸高田市長の石丸伸二氏(41)について詳しくは知りません。
Tiktokでアップされている動画を見て知っている程度です。

石丸氏、なんか悪いことした?

さて、この記事を読んでなんだか違和感を感じました。
石丸氏が言っている内容については理解しようとしていない。
それどころか、言い方についてや、態度について批判していると感じました。
どうも論点がズレている。

石丸伸二氏をはじめ、都知事選に出た方は東京都の都政を良くしたいと思った方々。
一方、何もやっていない人が「あの人はあーだ」「あの人はこーだ」とアンチしている。
私は彼らのような公約も思いつかないし、日本がどうなったらいいかとかわからない。
だから、何も言えない。もちろん批判はできない。

胸くそ悪いのは、見た人の問題

彼の態度に「胸くそ悪い」と感じるのは
石丸氏の問題ではなく、それを見た人の問題だと思う。
また、私がこの記事を読んだ際、石丸氏が山崎氏をフルボッコにした感覚は受けませんでした。
山崎氏のことは全く知りません。ただ、テレビ的にも何か質問をしないといけなかったのでしょう。
そして、彼女も政治について学んでいたのではないでしょうか。
私が彼女の立場なら、彼女のように質問することすらできなかったと思います。
今回の2人のやり取りを見て、ただ2人の話の論点がズレていただかなのでは?と思いました。

論点をずらすことで自分が正当化できる

こういうことってよくある。
自分にとって都合が悪くなると、論点と名は関係ない部分の粗探しを始める。
そして、あの人はダメだという答えに持っていく。
その人の本質、その人がやっていることをちゃんと見てますか?
これは、こういうメディアでの話しに限ったことではない。
日常生活でもおこってないかな。
自分にとって都合が悪くなったら排他する。
相手を知ったうえで自分の考え方と違えば、関わらなければいい。
それは、排他でも批判でもない。ただ、離れること。
それをせず、批判したり攻撃したりするのは、相手を思い通りにしたいだけ。
単なるいじめ・いやがらせ。

いじめやアンチについても記事もご参照ください
・ストレス発散目的で「アンチ」しないで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です