人との縁が切れる時・つながる時

縁が切れる

いらない縁が切れたら、新しい縁がくる

「いらない縁が切れたら、新しい縁がくる」
心理学を学んでいるときに、学んだことの1つ。
これは、私にとって希望の言葉でした。

自分にとって必要のない縁は自然と切れる

「苦痛」を感じながら一緒にいることはできない。

私は、今月に入って10年近く付き合いがあった方との縁が切れました。
とてもあっけなく。

私は、心理学を学ぶグループに参加しています。
グループは約10人ほどで構成されていて、男女、年齢はバラバラです。
でも、グループを良くするためにメンバーそれぞれが自分の役割を見出し、それぞれが力を発揮するようになっていきました。
しかし、縁が切れたその人はこの10年、自分の役割は見つけようともしませんでした。
また、自分の居場所でさえ自分で確保しようともしません。みんなが楽しんでいるといじけて変な空気をだし、気を遣わせる。さらに、心の中では私たちのことをディスっていたのです。


今までは、「仲間だから」とその人がいることを容認していました。でも、もう、邪魔しかしていないとわかったら一緒にいることが苦痛になりました。
このように、「苦痛を感じる」って、人として当然の反応です。
また、「仲間だから」というだけで特別枠を設けることはしてはいけません。仲間なら自分も役割を話さなければならない。自分のことは自分でやらないといけない。それができないのであれば、仲間ではない。

その人も、自分がしていることが明らかになり、グループから去りました。

一緒にいることで学ぶことすらなくなったら縁が切れた。

これまでは、こういう人の特徴やいろんな人がいるということで、その人から良くも悪くも学びがありました。
でも、その人から学ぶことがなくなった途端、縁が切れました。
私にとって、必要のない人間関係になってしまったのでしょう。

自分にとって必要のない縁は自然と切れます。
もし、この自然の成り行きに抗う気持ちがあるのなら、それは不必要な情だったり、何かしらの自分の問題によるところ。
私は、この縁は切れて良かったと思っています。

再びつながった縁

さて、一つの縁がきれたあと、すぐに切れていた縁が再びつながりました。
私が看護師になったばかりのとき一緒に働いていた先輩から、Facebookで友達申請とメッセージが届いたのです。とてもお世話になった先輩だったのですが、私が北九州に戻ってから少し疎遠になっていました。だから、メッセージをもたった時はとてもうれしかったです。
また、ありがたいことにオンラインカウンセリングの予約も増えました。

「縁」は自然の摂理でなりたっている。

社会で生きていくうえで、人とのつながりってとても大切です。
だから、つながった縁は大切にしたいと思っています。
しかし、自分にとってデメリットしかない縁はつなげておくと、自分の人生にマイナスに働くことがあります。
縁が切れると寂しいし、孤独感を感じるかもしれません。
でも、もし必要な縁だったら再びつながります。
人と人の関係も「自然」です。

もし、切れるべき縁に執着しているのであれば、なんらかの心の問題があるからかもしれません。
また、本来つながるべき縁を切ってしまうような行動をする場合も、何らかの問題があるのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です